口を開いて売る女性

インプラントとは

歯の掃除

歯がなくなった場合には、食べ物が噛めない、喋りにくい、見た目が悪いなどの影響が出ます。それを解決する方法にインプラント治療があります。ではインプラントとは一体何でしょうか。 インプラントとは、チタンやチタン合金で作られたインプラント体を、骨の中に埋める治療のことを言います。この治療方法により、義歯をしっかり固定でき、また周辺の歯を削ったりする必要がありません。1980年代になり、世界的にインプラント治療の結果が評価され、その後も様々な改良がなされたことにより、健康的な口内環境を作ることができるようになっています。 歯がなくなった不具合の解決方法には、取り外し可能な義歯による治療もあります。ですがこの治療方法は、食べ物を噛んでいる際に取れてしまったり、義歯の周辺が虫歯になりやすい面があります。 しっかりとした義歯にしたいと希望される場合には、インプラント治療は有効な治療方法となります。

しっかりとした義歯を作ることができるインプラント治療ですが、誰でも治療を受けることはできません。治療を受ける際の注意点などを見ていきましょう。 まず治療する方法として、他の義歯の治療方法とは異なり、手術をする必要があります。そのため高血圧や心臓疾患、循環器系疾患を患っている方は、治療を受けることが難しくなります。また治療後も十分なケアが必要です。喫煙される方は、治療後の状態が悪くなる傾向がありますので、注意が必要です。 その他にも、歯周病を患っている方は、まず歯周病の治療をしてから、インプラント治療を受ける必要があります。 インプラント治療では、治療期間や治療後のケアに個人差が見られます。定期的に歯科医による経過観察が必要となりますので、信頼できる歯科医に相談することが重要です。